オンライン憲法講座 ZOOM参加OK

【憲法連続講座・2021年度】
日本国憲法が求める税制のあり方と消費税の減税
 2021年11 月13日(土)14:30~16:30
 講師:浦野 広明  税理士・立正大学客員教授                
 ※参加希望の方は必ずご連絡ください。(定員の場合は動画配信となります)

コロナ禍で浮き彫りになった不平等と貧困。財政の転換が求められる中、
日本の税制はどうあるべきか、消費税は減税すべきか、日本国憲法に立ち
返って考えます。

 
会場:日野 ゆのした 市民交流センター 
   ( JR中央線「日野」駅-改札出て右へ-徒歩4分 日野市日野本町3-13-16 )
  資料代:500円
 

浦野写真.png

お問合せ : 日野・市民自治研究所

     TEL : 042-589-2106

​チラシPDF

講座を聞き逃した方でも、動画をご覧になれます。(資料有償)

■新型コロナウイルス感染予防対策のため、会場参加の人数を制限させていただき

 ます。

資料代の500円で、リモート参加(Zoom)が可能です。(事前登録制)

 資料代をゆうちょ銀行振替口座に開催前にお振り込みください。

■また、会場受講でも、リモート受講でも「参加登録」をお願いします。

 Zoom参加ご希望の方 

【口座記号番号】  

 00150-4-154096

【加入者名】

 特定非営利活動法人

    日野・市民自治研究所

 

通信欄に〇月〇日憲法講座資料代と明記し、おところ・おなまえを忘れずにご記入ください。 開催前にお振込みをお願いします。

※参加の方はお申し込みください。➡ 
urano税務調査日評.jpg

浦野 広明  

 

プロフィール

1964年中央大学経済学部卒業。

立教大学・早稲田大学・日本大学など講師、立正大学教授など歴任。

立正大学法学部客員教授(税法学)
税理士(合格科目:簿記論・財務諸表論・法人税法・所得税法・相続税法)
日本民主法律家協会副理事長
日本租税理論学会理事
公益財団法人第五福竜丸平和協会監事
税理士(東京税理士会所属・池袋経理事務所所長)
衆議院予算委員会中央公聴会の公述人(2012年3月2日)

著書
「税が拡げる格差と貧困」(あけび書房、2016)
「税務調査に堂々と立ち向かう」(日本評論社、2014)

「税務行政における予防法学の実践」(成文堂、2010)

「税民投票で日本が変わる」(新日本出版、2007)

「たたかう税理士の税務相談」(新日本出版、2006)

「Q&A納税者のための税務相談」(新日本出版、2003)

「納税者の権利と法」(新日本出版、1998)

「納税者の権利ハンドブック」(新日本出版、1993)
共著

「世界の納税者権利憲章」(中小商工業研究所、2002)

「現代家庭の法律読本」(岩波書店、1987)

税民投票で日本が変わるurano.jpg
税が拡げる格差と貧困.jpg

会場:ゆのした市民交流センター 地図

JR中央線「日野」駅下車徒歩約4分 (改札出て右へ・「市役所通り」沿い)

京王線高幡不動駅から京王バス日野駅行き(【日01】【日02】【日03】)乗車約17分、「日野一小入口」バス停下車 100m

講座を聞き逃した方でも、動画をご覧になれます。(資料有償)